マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!

おすすめトゥデイ

今日の旬な話題を採り上げた必見の情報ブログです。

短大偏差値と大学との違い

【短大偏差値】は大学との違いが大きくあることに驚かされます。
でも、【短大偏差値】は大学とどう異なるのか、イメージがつかない方が多いのではないでしょうか。
いいえ、そもそも【短大偏差値】がどういうものか見たことがない人が多数だと思います。
大学の偏差値なら何校か分かりますが、【短大偏差値】となったら別ではないでしょうか。
私自身もこの文章を書くまでは、【短大偏差値】を意識したことがありませんでした。
しかし、【短大偏差値】について調べていくうちに、どんどん面白い事実を発見できたのです。
なかには、【短大偏差値】にはこんな秘密があったのかということも。
では、身近にあるようで遠くにある【短大偏差値】について、大学との違いを交えながら述べていきます。

【短大偏差値】と大学との違いであげられるのがその低さで、ほとんどが50より低いのです。
私の調べる限りでは、【短大偏差値】が50を超えているのは1校しかありませんでした。
つまり、大学が高い偏差値でいられるのも、【短大偏差値】が低いからだとも言えます。
ここで視点を変えると、有名な短大ですら【短大偏差値】が50より下回っているのです。
だから、この【短大偏差値】が低いということは、ある意味でチャンス。
大学で厳しい受験戦争をするのではなく、ラクをして【短大偏差値】は低いけど人気のある短大を受けるという手もあるでしょう。
もちろん、あなたが何をしたいかにもよるので、一概に【短大偏差値】だけで決められません。
例えば看護学校の場合、4年制に入るか、【短大偏差値】の低い2年制にするかは、考え処ではあるはずです。

【短大偏差値】と大学との違いで次にあげられるのが、全てほぼ同じでること。
大学の場合は偏差値が上から下まで大きく離れていますが、【短大偏差値】は違います。
ほとんどが40前後を推移しているので、【短大偏差値】の平均をクリアしていれば、どこにでも受かるでしょう。
つまり、【短大偏差値】の場合、大学の偏差値のように深く悩まなくて済み、自分の行きたい専攻や地域を中心に検討していいかもしれません。
【短大偏差値】と大学との違いについて、語ってきましたが、最後にどこで【短大偏差値】を調べればよいかお教えします。
大学と同じく進学塾のWebサイトで【短大偏差値】のランキングは調べられます。
また、いろいろなサイトに【短大偏差値】と大学との違いについて載っているので、ぜひアクセスしてみてください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。